お問い合わせ 808-373-7193

電話受付時間:ハワイ時間 午前6時〜午後5時 日本時間 午前1時〜正午12時

ホテルボラボラ hotel borabora

 
★タヒチ 2001年4月:ホテル・ボラボラ編
国際空港からエアータヒチの国内線にて、いざボラボラへ!飛行時間は45分です。 足取りはかる〜〜く♪
見えてきましたぁ〜!何度見ても感動的な地形ですね。 
ボラボラの空港は離島にあるので、ここからはホテルボラボラの専用クルーザーにて向います。ちなみに、ホテルに専用のドックがあるのはボラボラ本島ではホテル・ボラボラだけなのです。 
優雅な気持ちでのんびりと周りの景色を楽しんでいると、10分くらいで到着。 
ほらほら、水上コテージが見えてきましたよ。ちなみに、これは6室オンリーのプレミアム水上コテージです。1年以上前から予約がいっぱい。世界中のハネムーナーやリピーターの憧れのお部屋。ハリウッドのセレブにも貸し切り状態なんだとさー。 
ここが船着場。ここから見るオテマウ山は幻想的。夜には南十字星を見に来ました。ここでシャンペンを飲んだりしている人もいました。 
ホテル・ボラボラへようこそ!船着場からチェックイン無しでお部屋に直行。 
水上コテージ編
夕闇のプレミアム水上コテージ〜あなたを幻想的な世界に誘います・・・うふふ。 
これはふつーの水上コテージ。プレミアムとどこが違うって?ロケーションですね。これにつきます。プレミアムの前の水深はガクンと深くなるので、シュノーケルには絶好のようです。 
 水上コテージのベッド。あまりにも有名なベッド。何だか初めて見た気がしませんでした。(写真が氾濫しているので)シフォンの蚊帳は別に使用しませんでした。不思議と蚊が一匹もいなかったのです。そういう時期なのかしらん?
これは私達のコテージからの眺め。プレミアムとの差を見せつけられた一瞬。でも、まあ、サンセット側ということでよしとするか・・・しかし、シャワーによりサンセットは無しでした。(;−;) 
海はきれいよ〜編
パウダリ−な白砂のビーチには、人がいません。みんな、お部屋でお昼ねでもしているのかしらん? 
 きれいだよね。オットいわく「透明度はハワイと比べ物にならないくらいにスゴイ」とのこと。シュノーケルで十分楽しめますよ。
私のお気に入りの岬の突端にある椅子。夜も朝も昼もステキですなのです。 
ビーチチェア−もガラガラ状態。みんな自分のお部屋が居心地良いという証拠ですかね? 
光りと影がくっきりとしている。これがボラボラの特色。 
遠浅の海はカヌーにもバッチリですよ。 
こういうビーチが一番好き。ずっと見ていると、なんだかぶっ飛んでしまうみたいで。 
相変わらず「のんべー」な2人です編
ウエルカム・シャンペンはハイビスカスと一緒に。 
タヒチと言えばHinano! ヒナノと言えば、タヒチ!みんないつでも何処でも飲んだくれているのだぁ〜。 
島の物価もホテルの物価も異常に高いので私達はシャンペン持参しました。のんべーはこういうことには手を抜かないのだ。自慢にもなりゃしませんけど。 
島で飲むとドンペリは一段と美味しく、一段と幸せ・・・しみじみ。生きててヨカッタなぁ〜。 
やっぱりビーチ・ヴィラ最高編
水上コテージよりも「ビラの方がいいわよー」という噂は昔からありますので、今度はビラにお引越しです。これはお部屋までの道です。 
 ビラの藁葺き屋根とパームツリー、そして青空。ずっと見つめても飽きません。楽園の定義はばっちり揃っていのです。
ハンモックもゆらりゆらり。私達の泊まったビーチビラです。 
ビラの広さは水上コテージの3倍はあるでしょうね。目の前はビーチだし、どこに行くのも便利だしで、私達は思いきり気にいってしまいました。これは20畳くらいのリビング。 
ピースフルな景色でしょう? 
これは1つ目に見せられた奥まったビラでした。お忍びぽい2人には良いかも・・・でも、私達はどーんと明るいオーシャンフロントの方選びました。ホテルに部屋は、言ったもん勝ちですよ♪色々なお部屋を見せてもらうのが大事。おんなじ料金を支払うのですから、納得しないとね。(^^) 
15畳くらいのベッドルーム、そして10畳くらいの小さなリビングが奥にあります。(でもここは1度も使用しなかった)あとは着替えをする部屋とバスルーム。十分な広さですよ。 
夜にビーチ側から撮ったベッドルーム側の雰囲気ある光景。 
いつでも何処でも元気なやつだ〜編
これ、ヤラセじゃないですよ。偶然にビーチをジョギングする男がいたので、物好きだな〜と見ると、やはりオットでした(^^;))) 
疲れるとハンモックで読書。その後はスノーケル。又昼ね。元気な人だわ。 
毎朝ジョギングするので、すっかりなついたローカルの犬。 
ダイビングも勿論、やらないとね〜。ついつい、お手伝いしてしまったりして?ボートは目の前のホテルのドックから出るので、とてもラクなんです。 
桟橋のフランスパンは、お魚用です。誰か食べちゃったりして? 
パームは元気さ!編
自称パーム研究家としては、タヒチのパームは文句無しです。御存知でしたか?ハワイにはもともと、ワイルドなパームはなかったのです。それで、何かというとタヒチから輸入していたのですよ。タヒチには何処でもナチュラルにどっさりと生えているのです。 
 ツヤツヤで元気いっぱい。
 これはビーチのハンモックで寝転がりながら撮りました。
バイタぺ村へ行ったよ編
8年ぶりのバイタぺ。の〜んびりと、な〜んにも変わっていませんでした。この教会前が村一番の目抜き通り(?)なのです。 
村で唯一のスーパー・マーケット。1日に数回のフランス・パンの出来あがり時間を目指して、村中の人が集ります。美味いんだな、これが!フランスで食べたフランスパンの味がしました。まわりはサクサクで中はしっとり。これとチーズとおつまみを買って、ホテルのお部屋でワインと供に食しました。最高のランチでした。 
バナナ売りのおばちゃん。こっくりこっくり・・・眠いのかな? 
ピザ屋とパレオ屋の合体。でも、どこに店があるのかしらん?と迷う店構え。自分ちの軒先で売ってるのかな? 
風になびくパレオは、いたるところで見る島の風景です。 
ここは以前に無かった、村で唯一の「インターネットカフェ」。ちなみに、PCは1台しかありませんので、いつでも待ち人がいっぱい。タヒチの掲示板などでも有名ですが、なかなか食事もイケルし、村で一番の繁盛店のようですね。 
これがタヒチ掲示板でも有名なカフェのジェラート。騙されたと思って食べてみたら、あ〜らビックリ!まじでミラノのジェラートと勝負出来る美味しさ!マンゴもピスターチョも、「今、そこで作りました!」って感じの濃厚さです。超おすすめ。 
なつかしのモアナ・パーク・ロイヤル編
水上コテージの数はモアナの方が多いです。ここは夕陽よりも朝陽のステキな場所に位置しています。水上コテージの内装も明るい感じです。 
以前、宿泊したモアナ・ホテルにビーチ沿いを散歩するついでに寄ってみました。何だかとってもなつかしかったなぁ。ホテル・ボラボラが落ちついた大人向けの成熟のリゾートとするのならば、モアナは新婚さんや若い人向けの明るく軽いリゾートです。海の色も、ホテル・ボラボラは水深があるので濃いブルー、対してモアナは遠浅の白砂なので薄いブルー。どちらも、それぞれに確立されています。 
ここのウリの一つの「カヌー・ブレックファースト」です。朝ベランダで待っていると、カヌーで朝食を運んでくれるというキュートなもの。この辺りが、新婚さんに大人気の秘訣かな? 
また来たいね〜!